漫画大好きっす。そしてハルヒを見て以来、アニメにも。その影響かアキバにも行き始めて限定商品とか集めるようになりました…まぁ彼女もいないし、金もあんま使わないんでいいかと。ちなみに私30代…






プロフィール

でんがくたまご

Author:でんがくたまご
漫画大好きな30歳。
大人になれば漫画を読まなく
なるかと思ってたんですが
そんな気配はありません。
リンクフリーです。
どうかよろしくお願い致します。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



FC2ブログランキング

FC2ブログランキング



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



オンライン書店



ベストセラー



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


のび太の海底鬼岩城(映画)
どうも。30歳のサラリーマンです。最近現実逃避かどうかわからないけどこういった昔のアニメ映画を見るのが趣味になってきました。昔はちょくちょくデートとかしてたんですが、何だか面倒くさくて。で、これを見ました。休日に外も出ず。「のび太の海底鬼岩城」。

 ドラえもんの漫画で初めてみたのはこの作品で、擦り切れるぐらい単行本を読んだ覚えがあるんですが実は映画は見たことがなくて、今回一か八か借りて見てみました。(ツタヤでは”キッズ”商品扱いで普通の作品より安いんですが、この歳でキッズ作品を借りるのは勇気がいる事っす)

 ただ今回これを見て思った事は、確かに原作の段階で、そのストーリーの内容の深さ、構成力・スケール等は抜きん出ているんですが、映画も原作同様、いや、原作以上に優れた、作品であると感じましたわ。実写の映画も多く見るんですが、ヘタな映画よか、全然こっちの方がいいですね。時間を有効に使うという意味でも。

 特にバギーがいい。またドラえもんも本当にかわいらしいというか愛らしいというか。まぁあえて言うならこの映画の最大の見せ場である、バギーとポセイドンのシーンをもう少し尺を長くしていい音楽を使ってほしかったなぁとは思うんですが。でもちょっと泣いたけど。

ドラえもんの、特に初期の映画ははっきり言って日本映画の中でも上位に位置するぐらい高品質のものが多いから見る価値はあると思うんす。
 



↓まぁよかったら押してくれると励みになります。



スポンサーサイト

のぞき屋
 これが連載されていた頃、「ムジナ」(相原コージ著)が何故か好きでヤングサンデーを買っていて、その縁でちらりと読んでいたか読んでないか程度でしたが、「予備校先生編」で一気に好きになり、単行本も全巻揃えた覚えがあります。

 それまでは、なんか人間とか虫の汚い部分、つばとか、ゴキブリを潰したりとか血とかの描写がやたらリアルで気持ち悪かったから読んでなかったんだけど、その当時は「その部分」しか見てなくてストーリーを見てませんでした。改めて単行本で読み返すとこの作品のクォリティーの高さに感動を覚えます。

 でも個人的な感想としてはやっぱ後半、予備校先生辺とアイドルオタク編が群を抜いておもしろかったなぁ。


 でこの後「殺し屋」「ホムンルクス」と続いていくわけですが、後2作と違ってこの頃はまだギャグがありました。主に下ネタだけど。でも主人公「見」と「スマイリー」のやり取りはかなり笑えます。今では考えられませんけどね。

 予備校編は満足度10ですが、全体的に平均すると以下の感じですかね。続編やって欲しいなぁ。ヤンサンで。今はスピリッツで連載してますが、やっぱこの作家は何となくヤンサンが似合う。スピリッツはヤンサンに比べるとちょっと上品すぎると思うし。作者によって似合う掲載雑誌とかあると思うんですよね。

満足度:☆☆☆☆☆☆☆☆(星8つ)




忍空 (文庫版5.6)
 5巻と6巻が出てたんで早速購入しました。

 4巻が今いちだったからあんま期待してなかったんだけど。

 ファーストステージからセカンドステージへ移行。セカンドステージはファーストステージの前段階の話。ベルセルクパターンやね。というかこっちの方が古いか。

 ただこれがまた不思議と面白くなっていて。最初面白くて一旦つまらなくなると、そこから盛り返す漫画はあんま見たことないからちょっとびっくりです。

文庫本はあと1冊らしいけどこの展開で本当終わんのか?って思って禁じ手(自分の中では)だけどネットで調べてみたらどうやら中途半端に終わった模様。うーん残念。この勢いで作ってればきっと殿堂入りの作品になったと思うのに。まぁ病気みたいだったからしょうがないとは思うんですが。

 ウルトラジャンプのやつもあったけど、そんで買ってみて読んだけど、テンションというか勢いが違う気がする。やっぱり10年のブランクは大きいですな。

満足度:☆☆☆☆☆☆☆(星7つ)




泣く侍
本屋で「シグルイ」が好きな人はぜひ!ってテロップが貼ってあったから買ってみました。リイドコミック。ゴルゴ出版だ。

 で内容。うーん。「面白い」か「面白くない」かと言われれば、前者に入るんだろうけどそ個人的にはシグレイの2番煎という印象が否めません。本屋のテロップにはそこまで書いてないですけどね。

 共通点としては時代背景は江戸時代(家光時代)、ライバル同士の2人の侍を中心に描かれている、その一人は盲目、表現が残虐等々…。だからこの作品を読むとどうしても作品本来に没頭できずどうしてもシグルイと比べてしまう。

 大きな違いは美しさでしょうか。登場人物はもちろん、人を斬るシーン・変態性まで、「シグルイ」は各々完成されており、残虐なんですがそれが美しいというか。作者のこだわりが随所に見えます。逆にこの作品の主人公が地味すぎるんですよね、比較しちゃうと。まぁ盲目の剣士のセンスは光るものがあるんですが、それでも盲目の割に自由に動き回り過ぎる点がリアリティがないかな。これを読むことで「シグルイ」の完成度の高さが逆に再認識できる作品でした…

満足度:☆☆☆☆☆(星5つ)






日露戦争物語 ―天気晴朗ナレドモ浪高シ
 原作ではないんですが、司馬遼太郎の「坂の上の雲」が大好きで、さらにスピリッツを愛読してたから買いました。持っている単行本は1~5巻ぐらいまでですが。

 連載当初、タイムリーに読んでいたんですがおもしろかったし、秋山好古、めっちゃかっこいいっす。広瀬のエピソードも最高。各々イメージ通りというか、本当にうまいなぁ江川達也。

 ただ、この連載、相当続いたと思うんですが途中から明らかに手を抜かれているというか、内容も何だかよくわかならんくなって結局読まなくなっちゃったんですよね。。結構多いんじゃないんでしょうか、同じように考えている人。素直に日露戦争における、この兄弟・乃木将軍や児玉源太郎・野津大将・一戸中将などの活躍やを描いて欲しかった・・・通常の画質で。そしたら多分、歴史に残る作品になってたと思うんですけどね~。作者、いろいろ連載を抱えて忙しかったんでしょうかね。残念。。


満足度:☆☆(星2つ)









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。