漫画大好きっす。そしてハルヒを見て以来、アニメにも。その影響かアキバにも行き始めて限定商品とか集めるようになりました…まぁ彼女もいないし、金もあんま使わないんでいいかと。ちなみに私30代…






プロフィール

でんがくたまご

Author:でんがくたまご
漫画大好きな30歳。
大人になれば漫画を読まなく
なるかと思ってたんですが
そんな気配はありません。
リンクフリーです。
どうかよろしくお願い致します。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



FC2ブログランキング

FC2ブログランキング



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



オンライン書店



ベストセラー



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


パチンコ無間道
 ビックコミックビジネスか何かで掲載、郡を抜いて面白かった印象があったんでこの単行本を見た瞬間、速攻買いました。ところで「無問題」(もうまんたい)かと思ったら「無間道」(むげんどう)だったんですね。まぎわらしい。


 内容はパチンコ店側からみたブラックな事情を、あの「青木雄二」タッチで描く1冊完結の作品。「青木雄二本人が書いた」といってもおかしくないくらいそのままです。真似しやすいんでしょうね。でもガバチタレよか絵はこっちの方が青木雄二っぽくて好きだな。


 単行本には5話入っておりました。自分がタイムリーで雑誌で見たのは2話目。「ファン感謝デーの裏側」。全体を読んでみても、やっぱこの回が一番面白かったです。

 月のノルマを上乗せされ、ファン感謝デーを10日連続で行う羽目に。その感謝デーの為の裏準備(広告宣伝・ネット掲示板による(小さい)情報操作・”さくら”の準備・他店の嫌がらせ・消費者金融への斡旋への準備等々)から開催に至るまでの経緯・また実際開催し次々と壊れていく客の様子など、本当に詳細に描かれており、まさにパチンコのナニワ金融版。ナニワ金融道が好きな人は絶対「買い」の作品だと思われます。
 

 ただ、5話だけですがどうも3話目と特に最終回が気に入らないなぁ。なんかバタバタと無理やり終わらせた感があって。時間を掛けててもいいからじっくりと話を作り上げて長期で連載してほしかった。ビックコミックの特別増刊(まだやってんのかな?)だったから、連載するとしたらヤンサンあたりで月イチとかで。絶対ナニワ金融道バリの人気が出ると思うんだけどなぁ。


 満足度:☆☆☆☆☆☆☆(星7つ)



スポンサーサイト

パチスロひとり旅 ホームレス
 「パチスロ一人旅」の番外編のひとつ。主人公名波が借金した経緯は「ゴールド」、今回のはその後、会社を辞めて本格的にパチスロで借金を返そうとする、要はパチスロ一人旅のプロローグみたいな話。

 このパチスロ一人旅シリーズの中では、軌道に乗る前の話だから不幸色が一番強いんですが、逆にそれが面白い。また「パチスロ一人旅」に比べて「パチスロ攻略」といった要素が薄いため、詳しくない人が読んでも全然OKでしょう。

 実体験ゆえにリアリティーもあるし(まぁ全作品共通だけど)。ホームレス編とかいうけど、本当にホームレスです。すごい人生を送ってますよね、名波さんは。

 もしこれがアメリカだったら、間違いなく映画化、しかも超1級のスター(ニコラスケイジとか)が出そうな雰囲気。あっ、日本でも映画化されたか。よく芸能人の波乱万丈人生とかやってるけど、この人ほど波乱万丈はないだろうなぁ。「実話にまさるものなし」とはまさしくこの作品の為にある言葉っすね。

 このシリーズが始まって以来、これを刊行している出版社も何となく路線を変更してきましたかね。アドリブ王子シリーズもそうだし。そういう意味でもこのシリーズは歴史を変えた作品とも言える。


満足度:☆☆☆☆☆☆☆☆(星8つ)





ぶっせん
天才って称される人が結構多くて、有名なとこでは松本大洋、んでもってこの作者もそう言われておりますよね。でもスピリッツかイブニングかで読んだ漫画は評判の割には・・・絵がちょっとなって印象を持っており。特にペットはようわからんかったっす。。

 でこの作品。発刊する出版社とかは知らないけど愛蔵版で出ていて、平置きされていて、しかもオビで二宮ともこが推薦していたから買ってみました。

 内容は通称ブッセンと呼ばれるお坊さんを養成する専門学校(寺だけど)の話でギャグ漫画でありこの作者のデビュー作。うーん、デビュー作でこれなら「天才」って言われてもおかしくないかも。しかもギャグの部分で。自分はこの作者のストーリー物しか見たことがないんですがギャグというか、こういったコメディがいい、この作者は。だから愛蔵版になりますわな。個人的には初期の頃が特に好きですね。そして「ツマンダ」が特に。

 まだ1回しか読んでませんが、再度じっくり読み返せば、また違った視点で笑えそう。モーニングに連載されてたようですが全然知りませんでした。名作はまだまだいろんなところに眠っているものなんですね。知らない名作もいっぱいあるんだろうなぁ・・・

満足度:☆☆☆☆☆☆☆(星7つ)






π(パイ)
当時スピリッツで連載されていたやつ。この人が描く女性はレベルが高いっす。

 単行本は1冊だけ持ってます。最初の1巻だけ。究極のπを求めて生きている数学の天才・イケメン(昔オタク)な高校生の男の子が主人公。そんで、その主人公がその究極のπをもつ女性に出会うところから話が始まるんですが・・・

 1話目から凄ーく面白かったけど、変な不良少年が出始めたあたりから読まなくなってしまいました。うーん、何でかなぁ。よく覚えてないけどなんか物語が雑になってきたというか。個人的な感想ですが、たぶんコレ、作者の中では短期決戦のつもりで書いてたんだけど凄い人気が出たから無理やり続けた感があります。やっぱり「究極のπを求めて」というのがこの漫画のテーマなのに、いきなり1話目で出合っちゃって、ほぼ半分以上目標達成しちゃったからその後話作るの大変だったろうなぁ…。と勝手に想像したりして…

満足度:☆☆☆☆(星4つ)








ピンポン
 いくつか読んだ松本大洋の作品の中で一番好きです。というかこれが一番わかりやすい。他の作品もおもしろいとは思うんですが、たまに、その壮大な世界観に置いてかれてしまう感がありまして。今、スピリッツで連載されてるやつも、早くも置いてかれました。。。まぁ松本大洋は単行本見て何ぼでしょ。

 作者独自の創り上げたフィクションの世界があって、その中での物語が多い中(ナンバーファイブとか鉄コンとか)、これは本当に普通の高校を舞台とした、熱血あり友情あり(表現古い?)のスポーツ漫画。

 5巻完結ですがちょうどいい量で読んで爽快です。スマイルとぺコを中心として脇役であるドラゴンや幼馴染(名前忘れた)や中国人(名前忘れた)オババなど、本当にいい味だしてる。全てが個性的で独自の存在感がある。

 「挫折したけどそっから努力をして最後に勝つ」という王道な路線ですがそれが凄くいいっす。ぺコがいろんな努力(練習)しているとこが個人的には一番好きですね。3巻中ぐらいからでしょうか。熱いところは。

 漫画をじっくり堪能して読んだ人は窪塚洋介が出ていた映画は物足りなく感じたんではないでしょうか。長い努力があるから、あの最後のドラゴンとの対決が生きてくるような気がします。映画はあんまそのシーンがなかったですよね。わざわざ1,800円出して観に行ったのに。漫画3冊買えたわ。5巻だけだから一気に読めるのもいいです。好きな作品。

満足度:☆☆☆☆☆☆☆☆(星8つ)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。