漫画大好きっす。そしてハルヒを見て以来、アニメにも。その影響かアキバにも行き始めて限定商品とか集めるようになりました…まぁ彼女もいないし、金もあんま使わないんでいいかと。ちなみに私30代…






プロフィール

でんがくたまご

Author:でんがくたまご
漫画大好きな30歳。
大人になれば漫画を読まなく
なるかと思ってたんですが
そんな気配はありません。
リンクフリーです。
どうかよろしくお願い致します。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



FC2ブログランキング

FC2ブログランキング



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



オンライン書店



ベストセラー



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ようこそ甲州プリズンへ
 うーん、「にちぶんコミックス」のくせに本屋で※宣伝置きとは。
(※本棚に背表紙ではなく単行本表面を表に出した置き方。メリットは平置きより目立つが数があまり入らないので、これを実行した場合は相当おもしろいと判断できる、と勝手に思ってます。)

 マイナーな出版社の上、その本屋はスペースに余裕がない中小書店にも関わらずそのような置き方、つまりこれは社運(店運?)を掛けている、よって相当面白いと判断できます。で、買ってみた。

 で結果。面白いです。 5巻まで一気買いしましたわ。内容は主人公(ヤクザ)が組長の代わりに刑務所に入った話で、主人公の刑務所内での生活がメインで話が進んできますが、主人公に関わる人間の外界(娑婆)での出来事も同時並行で進んでいきます。


 とにかく出てくる人間、全てがかっこいい。主人公、刑務官、対立するヤクザ、まさに侠(おとこ)を描いてますね。特に主人公と対立する組長は、「昔の映画とかで出てきそうな気質」のヤクザ。

 
 そんでもって、対立しあいつつも互いにそれを認め合っているから、なおさら読んでいて格好ええし気持ちがいい。いわゆるルパンと銭形の関係やね。1人、卑怯で、そうでもない人間もいるんですが、何でしょうか、この男、とことん負けまくって腕とか足とかなくなっちゃうんですがそれでもあきらめないんで、読んでいくうちに愛着が沸いてきます。悪いやつなんですけどね。でもどんな事でもあきらめないっていい事ですよね。

 コレ、ヤンマガで連載されていたらきっと「新宿スワン」に並ぶくらいの看板漫画になるような・・・いや、そこまではいかないか。


 刑務所系の漫画は思いつく限り今まで3作、代紋Take2、刑務所の中、これ。どれもが面白いし、漫画とは関係ないけど映画の「ショーシャンクの空に」も面白かったなぁ。・・・つまり刑務所系はジャンルに囚われず当たりが多いという事が定義できるのかもしれません。非日常でありながら現実にある世界という点で。入りたかないですけどね。

 満足度:☆☆☆☆☆☆☆(星7つ)


スポンサーサイト


この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/06/25 23:15】 | #[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://dengakutamago.blog89.fc2.com/tb.php/55-b6bc0095
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。